スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

あからさま。

 
映画、「アイロボット」を観ました。
テレビでやっていたのでなんとなく最後まで観てしまいました。

初めて最後まで観たんだけど、初めてという気がしないのは、
映画館で働いていた頃にオープニングと途中のシーンを何十回も観ていたからでしょう。

アイロボットと言えば思い出すことは一つです。



他の映画館がどうか分かりませんが、私が働いていた映画館は、
映画を上映中ずっとスクリーンを観察しているわけではありませんでした。

スクリーンが9つある、いわゆるシネマコンプレックス(複合映画館)だったので、
スクリーンをチェックするのは、オープニングと、上映中何十分に一回、といった感じでした。

オープニングは、スタートさせてからCMと、映画本編が始まってから、
「最初のセリフ」が出るまです。

字幕の場合、セリフの音と字幕があっているか、
字幕の文字に問題がないかをチェックするためです。


そこで、アイロボット。
今でもよく覚えています。
アイロボットは本編が始まって最初のセリフが出るまでが、ちょっと長いんですよ。

そんで第一声の字幕が、

「最高だね」

なんです。


毎日映写室で仕事をしていましたから、

「最高だね」

を何度聞いたことでしょう。


しばらくして、テレビにウィルスミスが出ていて、
「アイロボット」についてのインタビューを受けていたんです。

その中で、ウィルスミスがこんなことを言っていました。

「スポンサーの意向で’ある製品’を映画の中で褒めなきゃいけなくて、
それを自然にやるのが大変でした」


私にはすぐにわかりましたよ!それがなんのことか!!www


「アイロボット」のオープニング、第一声、


「最高だね」


そのセリフは、

自宅で身支度をしていたウィルスミス演じるスプーナーが、
自分の履いたコンバースのスニーカーを見つめながらの言う、
独り言なのです!!
www

いくらスポンサーだからってあからさますぎないか!?

インタビュー聞きながら一人で笑いましたよ。

ウィルスミスも苦労するわけですよね。
しかも全然自然じゃなかったように思いますw

スポンサーの影響力ってすごいんだなぁ。

それ以来、なんとなくコンバースがイヤになってしまったのは何故でしょう?w
Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

ほったらかし〜の。

 
だめですねぇ。

ほったらかしのブログ。

色々忙しくて〜とかいいつつツイッターはやっている・・・

もうすぐです。

もう少ししたら動き出せます。

やること色々あるなぁ。

日本て手続き王国!

準備いそがし。


双子いぇ〜い。


Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

素敵先生

 
この間、家の近くの台湾料理屋にいったとき、一人の先生とお会いしました。

静岡市内で地理の教師をしている方でした。

カンボジアに3回行ったことがあるそうで、バックパッカーだそうで。

もう、素敵。

「私たちしばらくカンボジアいってゆっくりしてくるつもりなんですよー」

って言ったら、

「夢のよう」

って言ってた(笑)

普段から生徒にも、

「若いうちにアジアいっとけ」

って言ってるんだって。

素敵先生だーーーーー!!

「ヨーロッパはいつでもいける」

「アジア若いうちにいこう」

なんて言ってくれる先生、素敵だぁ。

カンボジアの話も授業でしてくれてるんだって。


そんな先生が高校の時にいたら絶対好きになるなぁ。
(先生としてって意味です)

まぁ私の高校にいた世界史の先生もかーなーりー特殊な人だったけど。

私の旦那さんに、「是非授業に遊びにきてほしい」

って言ってくれました。

カンボジアの知名度をあげたいと日ごろから言っている旦那さん。

チャンスじゃないですか!

「地雷と貧乏」 以外のことでカンボジアもっと有名になってほしいと切に願っている旦那さんです。


あんまりゆっくりお話しできなかったので、また是非お会いしたいです、素敵先生に。

Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

ブッダ

 
「ブッダの教え」という本を読んでいます。

というか、ぱらぱらみているだけ。

難しいからねぇ。

でもすごくわかりやすいんだろうなこの本はきっと。

さて、「四苦八苦」という教え。

「避けては通れない四苦八苦」

八苦がどういうものかと言いますと、

\原
 生まれることの苦しみ

∀袈
 老いることの苦しみ

I其
 病にかかることの苦しみ

せ犇
 死ぬことの苦しみ

グκ摸ザ
 愛しい人とも別離する苦しみ

Ρ總会苦
 うらみ憎しみのある人と会わなくてはならない苦しみ

У疉堝清
 求めても手に入らない苦しみ

┯溽樟攻
 身心が思い通りにならない苦しみ


はい、なにか気がつきませんか?
特に子どものいる女性の方々。

そうです、あのー、

産みの苦しみが入ってないんですけどぉ・・・・・・・・・・・・

ブッダも男だからな(笑)

産みの苦しみは喜びでもあるからかなぁ?

いやーだったら生まれることの苦しみだってねぇ?

納得いかんぞwww

おーい。産みの苦しみも入れてくださーい。

出産で死ぬ人だっているんだよ?

そうだよ、ブッダの実母だって出産後に亡くなったではないか。

「案ずるより産むが易し」

なんて言葉もあるけど、

易し。

じゃねーーーーーーーよ!!!www

って産後のお母さんはみんな思うであろう。
Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

どこいったんだい。

 
昨日、お昼に長男(3歳)が行方不明になりました。

家族そろって家にいたのですが、気がついたら長男がいなく、外に出て辺りを見渡すもいない。

またやってしまたった!!!!!

すごく焦りました。

こういうことは一度ではないんです・・・だめな親です・・・。

うちは平屋で、長男はもう玄関の鍵も自分であけてしまうし、
なにより家中の窓が大きく位置が低いので、どこからでも脱出してしまうのです。

双子の世話や家事、ちょっとテレビに夢中になっている間に長男は脱走を謀ります。

昨日は家に旦那さんもいて、母もいたので、いなくなった長男を二人が探しに行きました。

私は家で双子をみていました。

多分、30分くらいかな?

みつかったと旦那さんから電話がきました。

どこにいたと思います?

近くのスーパーで買い物してたのですよ!財布も持たずにね!!笑

これもし事故にでも遭っていたら笑えないですほんと・・・。

気をつけるっていっても、無理があります。四六時中長男にべったり見張ってるのは無理です。

もう引っ越すしかないです。

引っ越します。

今物件探し中です。


そんなこんなで、午後に私の兄とその息子2人が遊びにきたので、
兄に長男行方不明事件のことを報告しました。


「ほんとあいつは大変だよ!!」


と兄に言うと、するとどうでしょう。
こんなこと言われましたよ。


「あんたも昔行方不明になったじゃん!そんでパトカーで帰ってきたんだよ」


え??なにそれ知らない。


その場にいた私の母も一緒になって、当時のことを兄と母は楽しそうに語りましたよ。

曰く、私は一人で自転車に乗り近くのスーパーに買い物に行ったものの、

「お金がないと買えないよ」

とレジのおばちゃんに言われ、

その後どうしたと思います?


銀行に行ったんだって!!

通帳もカードも持たずにね!!w
「お金下さい」ってね!!
銀行強盗www

そこに居合わせた親切なおばちゃんが、不審に思い、銀行の人と一緒に警察に連絡してくれ、
交番へ。交番の人がなにを聞いても訳の分からない返答だったらしく、困るおまわりさん。

♪♪♪名前を聞いてもわからない〜困ってしまってワンワンワワーン・・・

その後なんだか私の両親が警察に「子どもが行方不明」と連絡をいれてあったことで、
そこでつながったらしく、パトカーで私はおうちへと連れて行ってもらったそうな。。。

兄曰く、「お前まったく泣いてなかったよ!」ってさぁ。

そうなんですよ!
こないだ(も)私の長男が行方不明になった時、近くのダスキンのおばちゃんに保護され、
ダスキンの事務所で菓子食ってた長男、まったく泣いてなかった!!

しょーがない親子だわ・・・。

母から言われましたよ。

「思えばあの頃からお前は放浪癖があったんだな。」

ってさー!!www

三つ子の魂百までも〜〜〜www

自分だって行方不明事件の話聞いちゃうとそんなに長男怒れなくなっちゃうじゃないですか。

あ〜長男もバックパッカーになるのかなぁ。

放浪癖の魂百までもになるのかな〜。

旅人になるのかな〜。

こんなに嬉しいことはない!!

なんてね。

あ、でもほんと事故に遭ったらもう笑えないので、気をつけなくてはいけません。
それだけはほんと。

とりあえず、田舎でまだよかったかな。
都会だったら無理かなぁって。

よし!そんなわけでもっと田舎に引っ越そう!
Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

そんな日がきたよ。

 

最近息子が韓流にはまっています。

お気に入りは、KARAとBrown Eyed Girlsです。

PVを観ながら踊り続けています。

その姿を、おじいちゃん(私の父)に見せたかったなぁと思います。

10年近く前に亡くなった父は、まさか孫が3歳で韓流にはまるとは、想像もしていなかったでしょう。

そんな時代がやってきたのです。

そう思うと、ちょっと涙がでてきたりして...
Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

ほらね

 

久しぶりに、というか、はじめて静岡の街中に家族でお出かけした時のことです。


双子用のベビーカーに双子の一人を乗せ、そのとなりに眠ってしまった長男を乗せ、
双子のもう一人は旦那さんが抱っこして歩いてました。


双子を連れて歩いていると、どこに行っても注目を浴び、よく声をかけられます。
双子がいると、普段あまりフレンドリーではない日本人がとてもフレンドリーになるのです。
嬉しいことです。



正面から歩いてきた家族連れの、小学校低学年くらいの女の子が、
すれ違いざまにこう言いました。



「あーーみて、三つ子だぁ!!」



えー!?違うぞぉ!?よくみてー!


と思い、めっちゃ笑わせてもらいました。



ほらね、双子っておもしろいでしょう?


Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

こどもたち

 
このあいだ、高校の同級生二人が遊びにきた時のことです。

一人は妊娠中で、彼女が妊娠後会ったのは初めてでした。

二人が家に上がって、ごろんと寝っころがっていた双子(生後5か月)に、
「こんにちは〜」と声をかけると、二人とも何故か急に大泣きしだしました。

まだ人見知りとかないのに何故!?

「なんかついてるんじゃない!?」

と冗談を言い合い、私たちは笑っていましたが、
とにかくその日の双子はずっとグズグズしており、珍しく泣いてばかりでした。



そしてその夜、その出来事を旦那さんに話すと、当然のように旦那さんは言いました。

「あーそれは双子がお腹の中の子に負けたってことだよ」

何を言ってるのか分からなく、「はい?」としか言葉が出てきませんでしたが、
旦那さんはこう続けました。

「双子がその妊娠中のお腹の中の子より弱いってこと。負けたってこと。
カンボジアではよくあるよ!」


ははぁ、なるほどねぇ。
旦那さんの説明を聞いて、

実にカンボジアらしい話だなぁ

と思いました。

そういうところが好きです。
Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

輪廻

 
以前、旦那さんと結婚後、カンボジアに里帰りしていた時のこと。

ネットカフェで友達からのメールをチェックしていると、こんなメールがきていました。


「おじいちゃんが亡くなったよ。」

そして

「妊娠したよ。」

どっちも、同じ友人からのメールです。



日本に帰国後、その友達から半年ほど遅れ、私も妊娠したのですが、
妊娠中に旦那さんのお母さんが亡くなりました。



友達のおじいちゃんがなくなったことも、旦那さんのお母さんが亡くなったことも、
すごく悲しい出来事でしたが、それと当時に、

「妊娠」と「死」の二つが重なったことに、


命は廻っているんだなぁってすごく感じました。


旦那さんに「妊娠してる時に誰かがなくなることってあるよね」

って話をすると、旦那さんは、

「それは本当によくあるよ。カンボジアでは本当によくある」

と言っていました。

多分、きっと、カンボジアは医療が充実していない分、
その人本来の寿命のようなもので死ぬことが多いだろうから、
よりそういうことが起こり得るんじゃないのかなぁと思います。

輪廻転生。

命は廻る。

Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

縁か偶然か

 
私の旦那さんの名前は「コーン」


私のおばあちゃん(母方)の名前は「コン」(カタカナ)


偶然なのか、縁なのか。
Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS