スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

ジュースと共にひと休み




ビターレモン、これがなかなかに美味しい。
すっぱあましぶいお味です。
そして炭酸。

コーヒーに飽きたら、こちらどうでしょう。
Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

ツブツブ



蛙の卵じゃないんですよ。
バジルシード、香草の種です。
水につけるとこのようにツブツブプルプルの状態になります。

これ自体に味はありませんが、かき氷や甘味、ジュースに混ぜると美味しいです。
Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

ご飯のお供


普段家で食べる物や、屋台で食べる物の中に、もうほんとに美味しいおかずがあります。



職場近くの屋台で。
おかずが1皿2000リエル、ご飯1皿1000リエル、合計でも100円しないぐらいです。

タックルゥンと呼ばれる、このお料理。




毎日の夕食はほとんど旦那さんが作ります。
こちらは、焼き魚の身をほぐし、ニンニク 唐辛子 香草 マンゴー等と一緒にすりつぶしたお料理。
生の蓮の茎を添えて。



焼き魚と一緒に頂くタマリンドベースのソース。香草や胡瓜等を添えて。
ご飯にそれはもうよく合います。

旦那さんが料理上手でよかった。
Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

鴨肉料理




鴨なのかしら、家鴨なのかしら。



丸焼きですね。
焼き鴨でしょうか。



スープです。
大体ですね、一匹使って料理をしますので、肉で一品、骨でスープかお粥を作ることが多いです。






これが本当にもうおいしい。
ティアガインと呼ばれるおつまみです。
茹でた肉に調味料や香草を混ぜ、生き血をかけて頂きます。

お店で食べるより、村で食べる方が新鮮で安心、そしておいしいです。
Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

南国果実酒




自宅で果実酒をつけて、飲んでいます。

カンボジアでも日本と同じようにお米からお酒をつくり、そこら辺で購入できますので、
それにたっぷりと南国果実をつけまして。

カンボジア人の中では、果実酒と言えばこれ、という果実は決まっているようで、
私が勝手にマンゴーを入れた際には旦那さんから叱られました。

つけた果実酒は置いておくほどに甘くなり、おいしい。

Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

手作りの犬肉ソーセージ




手作りソーセージ。
犬肉バージョン。



腸に中身を詰めていく。



男の料理ですね。






捌くことから始めます。



こちらは脳みそ。
食感は白子のような。



頭も食します。



私の旦那さんと村の友人たちはなぜあんなに犬肉が好きなのか。

犬肉料理のレストランもありますが、村人のつくる料理のおいしさには勝てないと、
町の人でもそう言います。



命を丸ごと頂く。村の人々の暮らし。

犬の肉は滋養強壮になるそうで、疲れている時に好まれます。
また、体を温めるということで、乾期の寒い時期が人気。

韓国でも、犬の肉は体にいいと言いますが、日本では賛否両論あるかもしれません。

食の文化は難しい。
Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

美味しいお酒をのむために。


村で食べるご飯は、おいしい。



普通の鶏です。





定番のお酒のおとも。
鶏肉とレモングラス等をたっぷりの唐辛子と一緒に炒めます。



捌く際には生き血を取り、かためて炒め物に投入。

本当においしい。



村人の捕ってきたお魚。
市場で売られているものより特別においしい。
香りもよく、甘味が強いです。

様々な生き物を捕って、お料理をする村人たち。

全てはおいしいお酒を飲むためですよ。
Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

トカゲのサラダ




このような生き物だって食べちゃう。
トカゲというのでしょうかこれは。

しかし何でも食べると言いましても、皆が好んで何でも食べるわけではなく、村出身の旦那さんとその友人たちが特別に大好きで、私も食べる機会があるのです。



カンボジアではこのように、日本のすり鉢に近いもので材料を混ぜて潰して食することが多いです。

料理名、トカゲのサラダ。
でいいのかどうか。

何でも食べてみると、意外な美味しさに出会うこともありますよ。
Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

生キャラメル




ココナッツミルク生キャラメル、といいましょうか。
漂う手作り感。
おいしいです。
Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)

かえる たべる


雨季はカエルの季節です。
カンボジアではカエルも食べますので、市場にも普通に売られています。



旦那さんの村ではよく自分たちで捕まえていますが。







からあげにして食べたり、炒めたり。



カエルの肉詰めとでもいいましょうか。
作ったものが売られています。

カエルは、鶏 豚 牛と同じようにとても一般的な食材ですが、自然な生き物であるせいかいつでも食べられるわけではなく、多いのは雨季ですね。
Posted by まる | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS